子どもの預け先を選ぶための8つのポイント

お子さんを持ったママさんナースが、お仕事と子育てを両立する上でどうしても気に掛けるのは「子どもの預け先」ですよね。

多くの病院がお子さんを持ったママさんナースが安心して働けるようにと院内の託児所を設けていますが、実際には保育園を利用している人も多いようです。

「院内の託児所と保育園、どこが違うのかしら?」

「院内に託児所があるのに、どうして保育園に預けるのかしら?」

そんな疑問を持ったお子さんを持ったママさんナースのために、子どもの預け先を選ぶ時にチェックしたいポイントと院内託児所と保育園のそれぞれの違いをわかりやすくまとめまてみました。

 

子どもの預け先を選ぶための8つのポイント

まず初めに、神殿も預け先を選ぶためにチェックしておいた方がよいポイントを見ていきましょう。

1.運営日・運営時間が自分の働き方とマッチしている?

病棟の勤務の場合には、日勤だけではなく、夜勤や早番など時間もまちまち。

さらに、土日・祝日も運営しているかは、必ずチェックしておきましょう!

 

2.何歳まで預かってもらえるか?

院内託児所では、3歳までなど年齢制限がある場合もありますが、保育所は一律で就学前まで預かってもらえます。お子さんの年齢も考慮して選びことが大切!

また、その年齢になったらどうするかも合わせて考えましょう。

 

3. 送迎のしやすさは?

お家または職場からの距離や、また車での送迎ができるかも確認しておきましょう。送迎は、毎日のことなので送り迎えのしやすさは必ずチェックしておきましょう。

 

4. 急な病気などの時の対応は?

1歳までは、急な発熱や下痢がよく起こるものです。何度の発熱で連絡をしてくれるか、また、急に迎えに行けない場合、どこまでの対応してもらえるのかを確認してくことが重要です。

 

5. 広さや設備、そして周辺環境はどうか?

保育室には、子ども達が十分遊べるスペースがあるかどうか。トイレは衛生的にこまめに清掃されているか。
外で遊べるような園庭や遊具はあるか。園庭がない所では、お散歩の頻度やお散歩コースなどを確認しておくことが重要ですね。

 

6. 食事は、給食なのか、お弁当なのか?

お子さんを持ったママさんナースにとって、毎日のお弁当作りは至難の業。給食だと栄養バランス考えられているので、とても安心ですし、お弁当作りの時間も節約できてとてもよいですね。また、離乳食やアレルギーにもしっかりと対応してもらえるかは、確認しましょう。

 

7. 職員数と子どもの数のバランスは?

職員1人で何人の子どもをみているかが保育の質の目安なので、チェックしておきましょう。そして、職員の子供に対する対応もしっかりとチェックしておきましょう。

 

8. 行事やイベントの頻度や親の参加率は?

子どもたちが喜ぶ季節ごとのイベントは、どの託児所や保育園でも大切にしているようです。しかし、あまりに回数が多いと、仕事に支障が出ることもあるので確認が必要です。また、親が参加する行事の頻度も一緒に確認しておきましょう。

 

9. 子どもたちの様子はどうか?

子どもたちが楽しく過ごしているかが一番重要です。保育士さんの対応が一番現れるところです。預け先を決定するときは、かならず子どもたちと保育士さんのコミュニケーションの様子をチェックしましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です